« まだまだ暑い | トップページ | ニューマシン »

2011/09/19

ぎょうざ

今日は家族全員そろって、お昼に地元で有名なぎょうざ屋さんへ出かけてきました。

このお店は昔からある有名店で、地元の地名を冠していることから、ある意味地元の代名詞的なところがあります。関東に住んでいる方なら、一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。が、敢えてここでは名前を伏せておきます。

この地に移り住んでもう11年になりますが、このお店に行くのはゆきぱぱさんにとってはなんと初めて。妻や子供たちは、これまでに何度か来たことがあるのですが、不思議とゆきぱぱさんにとっては縁が薄かったのか、お店の前を通りかかることは何度もあったものの、お店の中に入ることは一度もなかったんですよね。

このお店はぎょうざ屋さんだけあって、食べ物のメニューは焼き餃子のみ。あとはビールをはじめとしたアルコール類とジュース類があるだけ。しかも席に着くと何も注文しなくても、ぎょうざが一枚(5個入り)が運ばれてくる。さらにこのお店のルールとして、一人2枚以上注文することになっています。

ところが、これが思いのほかあっさりして食べやすい。1枚分なんか、あっという間に食べ終わってしまう。食の細い下の子は2枚分がやっとでしたが、ゆきぱぱさんをはじめ、妻と上の子供は追加注文を重ねて4枚分をしっかり胃袋の中に収めてしまいました。

ゆきぱぱさんたちは、お店の開店時間とほぼ同時に入ったのですが、それから5分としないうちにお店の中はいっぱいになり、順番を待っているお客の列ができていました。結構お客の回転は速いのですが、常にお客が待っている状態。お店も古くて決してきれいとは言えないのですが、お客が行列を作るのもわかる気がしました。

今のゆきぱぱさんたちは、ちょっとにんにく臭がしているかもしれません。でもちょっとお疲れ気味のゆきぱぱさんたちにとっては、疲労回復の一助となったかな。

|

« まだまだ暑い | トップページ | ニューマシン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。